マスタを利用した帳票印刷の流れ

LinkPrint CLOUDの「マスタ」

LinkPrint CLOUDでは、開発版およびユーザ版のアカウントにて、以下の2種類のマスタを提供しています。

・商品マスタ ・・・帳票に印刷する商品の品名・単価・税率区分などを管理できるマスタ
・得意先マスタ ・・・帳票に印刷する得意先の郵便番号・住所・担当者名などを管理できるマスタ

マスタに情報を登録しておくことで、差し込み印刷を行う時にアップロードする印刷データには、マスタの主キー項目の情報のみ入っていれば、マスタの情報を利用して差し込み印刷が行えます。

<マスタ構成>

商品マスタ 得意先マスタ
主キー 項目名 データ種別 主キー 項目名 データ種別
商品コード シングルライン お客様コードNo シングルライン
JANコード バーコード 会社名 シングルライン
品名 シングルライン 部署名 シングルライン
単価 数値 敬称 シングルライン
単位 シングルライン 担当者 シングルライン
統一伝票売価 数値 敬称2 シングルライン
税率区分 税率区分 郵便番号 シングルライン
画像 画像 住所 マルチライン
備考 マルチライン TEL シングルライン
FAX シングルライン
メールアドレス シングルライン

 

※「商品マスタ」と「得意先マスタ」の項目内容の変更、および、お客様独自項目のマスタ作成はできません。

※上記をご希望の場合は、お問い合わせフォームよりご相談ください。

マスタを利用した帳票印刷の流れ

マスタの情報を使って差し込み印刷を行うには、以下の準備が必要です。

STEP1 マスタに情報を登録

最初に、商品マスタおよび得意先マスタにデータの登録をします。(どちらかのみの利用でも問題ありません)

データの登録方法については、「マスタに情報を登録する」ヘルプをご覧ください。

STEP2 マスタ項目とフォームカテゴリ項目を紐づける

マスタを利用して帳票の印刷を行うには、「オリジナルフォームカテゴリ」と「オリジナルテンプレートフォーム」が必要です。

また、「オリジナルフォームカテゴリ」を作成する中で、【どのフォームカテゴリ項目のオブジェクトにマスタの情報を出力するか】を決めるため、フォームカテゴリ項目にマスタ項目を紐づける必要があります。

マスタ項目とフォームカテゴリ項目の紐づけについては、「マスタをフォームカテゴリ項目と紐づける」ヘルプをご覧ください。

STEP3 差し込み印刷/手入力印刷

「オリジナルフォームカテゴリ」と「オリジナルテンプレートフォーム」を用意したら、印刷準備は完了です。

<差し込み印刷をする場合>
通常の差し込み印刷と同じ手順で印刷が行えます。アップロードする印刷データには、主キーの項目の項目名が入っていれば、その他の項目名は不要です。

差し込み印刷の手順については、「帳票差し込み印刷の流れ」のヘルプをご覧ください。

<手入力印刷をする場合>
マスタを使った手入力印刷も可能です。詳しくは「マスタの情報を使って印刷する(手入力)」ヘルプをご覧ください。

送付管理機能を利用する

提供している2つのマスタのうち、「得意先マスタ」からは送付管理情報の設定を行うことができます。
送付管理情報の設定を行うと、帳票を送付物として登録し、電子送付や送付状況の管理を行えるようになります。

送付管理機能について、詳しくは「送付管理機能の利用方法」のヘルプをご覧ください。

「得意先マスタ」の送付管理情報の設定方法は「得意先マスタから送付管理設定を行う」のヘルプをご覧ください。

マスタ利用時の差し込み印刷用印刷データの作成方法

マスタに登録済みの情報を利用して差し込み印刷をする場合は、印刷データの中にマスタ項目の項目名を含める必要はありません。主キーの項目名のみ含めてください。

印刷データの基本的な準備方法については、「印刷データの準備」ヘルプも合わせてご覧ください。

<例>

フォームカテゴリ項目名 参照しているマスタ 主キー 印刷データ
お客様コード 得意先マスタ(お客様コードNo)
お客様郵便番号 得意先マスタ(郵便番号)
お客様住所 得意先マスタ(住所)
お客様担当者名 得意先マスタ(担当者)
商品コード 商品マスタ(商品コード)
商品名 商品マスタ(品名)
商品単価 商品マスタ(単価)
数量
商品金額(「商品単価×数量」の計算式設定)
商品税率 商品マスタ(税率区分)
差出人住所
差出人名前

 

「オリジナルテンプレートフォーム」内に上記の通り12個のフォームカテゴリ項目があり、それぞれに差し込み印刷をする場合、アップロードする印刷データの中には「★」マークのついた項目の「フォームカテゴリ項目名」のみ入っていれば印刷が可能です。

・得意先マスタが参照されている項目(お客様郵便番号・お客様住所・お客様担当者名)は、得意先マスタの主キーである「お客様コード」が印刷データにあれば、マスタから自動で登録済みのデータが取得されます。

・商品マスタが参照されている項目(商品名・商品単価・商品税率)は、商品マスタの主キーである「商品コード」が印刷データにあれば、マスタから自動で登録済みのデータが取得されます。

・「商品金額」は、「商品単価×数量」の計算式を設定済みであれば、印刷データに「数量」が入っていれば、商品マスタから取得した「商品単価」と合わせて自動で計算が行われます。

※マスタの利用には、利用するマスタの主キー(得意先マスタ:お客様コードNo、商品マスタ:商品コード)を必ず印刷データに含める必要があります。