計算式の登録

対象アカウント(※各アカウントの詳細はこちら
開発版

管理者ユーザ
権限

ユーザ版

管理者ユーザ
権限

スーパーユーザ
権限

通常ユーザ
権限

API連携
ライセンス

 

 

オリジナルフォームカテゴリ登録時、伝票等の作成に必要な計算式は、以下の手順で登録できます。

 

STEP1

フォームカテゴリの編集画面を開き、右側にある[設定]ボタンをクリックします。

※データ種別に「画像」「使用しない」が選択されている項目は、計算式の設定は行えません。

STEP2

[計算式の実行順序]ダイアログが表示されるので、[設定に進む]ボタンをクリックします。

次に、[計算式の設定]ダイアログが表示されるので、[計算式を設定する]ボタンをクリックします。
既に計算式が設定されている場合は本画面は表示されず、STEP3にある展開された状態で表示されます。

STEP3

[計算式の設定]ダイアログが展開されます。

 

(1)計算式表示領域  入力した計算式を表示します。
(2)選択項目を消す

選択された計算式の項目を消去します。
※各項目上をクリックすると、選択状態となります。

選択された状態:

(3)全て消す [(1)計算式表示領域]に表示されている計算式を全て削除します。
(4)簡易ヘルプ 計算式の登録操作について、簡単なヘルプを表示します。 
(5)ヘッダ/明細/フッタ 選択タブ

ヘッダ/明細/フッタのいずれかを選択します。
選択された分類に属するフォームカテゴリの項目を[(6)フォームカテゴリ項目 表示部]へ表示します。 

※本タブは「明細あり/明細なし」に「明細あり」が設定されている場合のみ表示します。

(6)フォームカテゴリ項目 表示部

フォームカテゴリの項目の一覧を表示します。
クリックした項目を[(1)計算式表示領域]へ挿入します。

※データ種別に「画像」「使用しない」が選択されている項目は表示されません。 

(7)計算項目 選択タブ [四則演算][合計][固定値][条件分岐]の4つのタブを表示します。
選択された項目を[(8)計算項目 表示部]へ表示します。
(8)計算項目 表示部 各計算項目を表示します。
クリックした項目を[(1)計算式表示領域]へ挿入、または計算式の設定を開始します。

※各項目の設定方法は、別記事をご確認ください。

(9)登録 入力した計算式を保存し、[計算式の設定]ダイアログを閉じます。
(10)キャンセル [計算式の設定]ダイアログを閉じます。
入力した計算式は保存されません。

 

STEP4

計算式を設定したら左下の[登録]ボタンをクリックします。

「計算式が不正です。構文を見直して下さい。」というメッセージが表示された場合は、計算式のフォーマットが間違っています。
入力した計算式を見直して下さい。

何もメッセージが表示されずにダイアログが閉じた場合は設定完了となります。
[設定]ボタンの下に「設定済み」の文字が表示されます。