文章オブジェクト

対象アカウント(※各アカウントの詳細はこちら
開発版

管理者ユーザ
権限

ユーザ版

管理者ユーザ
権限

スーパーユーザ
権限

通常ユーザ
権限

API連携
ライセンス

 

 

帳票画面(設計モード)から、新規で文章オブジェクトを挿入できます。

STEP1

帳票画面(設計モード)左側にある、[文章]ボタンをクリックします。

文章

STEP2

用紙サイズ(または面サイズ)の中央に新しい文章オブジェクトが配置されます。

STEP3

帳票画面(設計モード)右側に表示されるプロパティ欄から、プロパティ設定が行えます。
下記のプロパティを設定する際はご注意ください。

(1)データ種別 以下のデータ種別を設定できます。
※[差し込み項目]ボタンから挿入したオブジェクト、および対応付けを行ったオブジェクトは変更不可
マルチライン オブジェクト内で改行が行われるオブジェクトです ※デフォルト
シングルライン オブジェクト内で改行が行われないオブジェクトです
数値 数字を使った表現(金額など)に適したオブジェクトです
日付 選択した日付書式に合わせて日付を表示できるオブジェクトです
(2)データ持ち越し チェックを入れたオブジェクトは、オリジナルテンプレート登録の際、帳票画面(入力モード)から入力した値を保持して保存します
(3)縦書き

チェックを入れたオブジェクトを縦書きにします

※縦書きの文章に記号(句読点など)を入力した場合、編集画面上の表示と、実際の印刷結果が若干異なる場合があります
※Safariをご利用の場合、ブラウザの仕様により、お使いのバージョンによっては文字の向きがおかしくなる場合があります。正しい文字の表示は、印刷(PDF化)を行ってご確認ください

 

文字(固定値)の入力

挿入した文章オブジェクトへの文字の入力は、帳票画面(入力モード)から行います。

帳票画面(入力モード)で文章オブジェクトを選択すると、データ種別に合わせたテキストボックスが表示されます。
表示されたテキストボックスに文字の入力を行ってください。

※データ種別がシングルライン、数値の場合

※データ種別がマルチラインの場合

※データ種別が日付の場合