チェックオブジェクト

対象アカウント(※各アカウントの詳細はこちら
開発版

管理者ユーザ
権限

ユーザ版

管理者ユーザ
権限

スーパーユーザ
権限

通常ユーザ
権限

API連携
ライセンス

 

 

帳票画面(設計モード)から、新規でチェックオブジェクトを挿入できます。

STEP1

帳票画面(設計モード)左側にある、[チェック]ボタンをクリックします。

チェック

STEP2

用紙サイズ(または面サイズ)の中央に新しいチェックオブジェクトが配置されます。

STEP3

帳票画面(設計モード)右側に表示されるプロパティ欄から、プロパティ設定が行えます。
下記のプロパティを設定する際はご注意ください。

データ持ち越し チェックを入れたオブジェクトは、オリジナルテンプレート登録の際、帳票画面(入力モード)から設定した値を保持して保存します
印刷 印刷(PDF化時)にチェックを印刷するかどうかを設定します
「常に印刷」 …用紙の種類の設定に関わらず、常に印刷(PDFに表示)します
「白紙の時のみ印刷」 …用紙の種類が「白紙」の場合のみ印刷(PDFに表示)します
「印刷しない」 …帳票画面上でのみ表示され、印刷(PDFに表示)はされません

 

チェック状態のON/OFF切り替え

チェック済み/未チェックの状態の切り替えは、帳票画面(入力モード)から行います。

帳票画面(入力モード)で対象のチェックオブジェクトを選択し、チェック済みの状態にする場合は「ON」、未チェックの状態にする場合は「OFF」のチェックボックスにチェックを入れてください。