バーコードオブジェクト

対象アカウント(※各アカウントの詳細はこちら
開発版

管理者ユーザ
権限

ユーザ版

管理者ユーザ
権限

スーパーユーザ
権限

通常ユーザ
権限

API連携
ライセンス

 

 

帳票画面(設計モード)から、新規でバーコードオブジェクトを挿入できます。

STEP1

帳票画面(設計モード)左側にある、[バーコード]ボタンをクリックします。

バーコード

STEP2

用紙サイズ(または面サイズ)の中央に新しいバーコードオブジェクトが配置されます。

STEP3

帳票画面(設計モード)右側に表示されるプロパティ欄から、プロパティ設定が行えます。
挿入初期はバーコードの種類がQRコードになっています。

下記のプロパティを設定する際はご注意ください。

種類

バーコードの種類を変更します。標準タイプ/ベクタータイプの中からバーコードの種類を選択してください。

※「GS1-128」形式については、先頭の2文字で自動判別しています。

データ持ち越し チェックを入れたオブジェクトは、オリジナルテンプレート登録の際、帳票画面(入力モード)から入力した値を保持して保存します

なお、バーコードの最小エレメント幅・チェックデジットの付加設定・スタートコード/ストップコードなど、各バーコード特有の仕様については、プロパティの[形式]タブから変更が可能です。

※[形式]タブに表示される内容は、バーコードの種類によって異なります。また、同じ種類のバーコードでも、標準タイプバーコードとベクタータイプバーコードでは、[形式]タブに表示される内容が異なります。

ベクタータイプJAN13の[形式]タブメニュー

標準タイプJAN13の[形式]タブメニュー

 

バーコードの値(文字)入力

挿入したバーコードの値(文字)の入力は、帳票画面(入力モード)から行います。

帳票画面(入力モード)で対象のバーコードオブジェクトを選択すると、値(文字)の入力が行えます。

標準タイプバーコードの場合 編集画面上のバーコードの画像はサンプルです
設定した内容の確認は印刷後、PDFファイルで行ってください
ベクタータイプバーコードの場合 設定した内容を変更すると、編集画面上のバーコードの画像が変更されます
そのため、編集画面上のバーコードで、設定した内容の確認ができます