得意先マスタから送付管理設定を行う

対象アカウント(※各アカウントの詳細はこちら
開発版

管理者ユーザ
権限

ユーザ版

管理者ユーザ
権限

スーパーユーザ
権限

通常ユーザ
権限

API連携
ライセンス

 

 

帳票の電子送付が行える「送付管理機能」を利用する場合は、以下の手順で得意先マスタから設定を行う必要があります。

※「送付管理機能」はユーザ版のオプション機能となります。詳しくはお問い合わせください。
※「送付管理機能」について、全体の詳細は「送付管理機能の利用方法」ヘルプをご覧ください。

STEP1

ヘッダーメニュー内「マスタ一覧」をクリックし、[マスタ 一覧]ページから、[得意先マスタ]を開きます。

STEP2

新規で得意先を追加する場合は画面左下の[追加]ボタンを、登録済みの得意先に送付管理情報を設定する場合は、設定する得意先を1つだけ選択し、画面右下の[変更・確認]ボタンをクリックします。

※[インポート]ボタンから情報を取り込む場合、送付管理情報は同時に登録できません。お手数ですが、インポート後に得意先ごとに[変更・確認]ボタンから設定を行ってください。

STEP3

[情報登録]または[情報編集]ダイアログが開きます。[送付管理情報登録]タブを選択し、情報の登録を行います。

STEP4

最初に、「送付方法」を選択します。

印刷 帳票の送付管理を行い、作成した帳票はPDFをダウンロードして印刷し、ご自身で郵送します。
電子送付 帳票の送付管理を行い、作成した帳票をメールにて電子送付します。
指定なし 帳票の送付管理を行いません。

 

STEP5

次に、利用するテンプレートフォームを選択します。得意先ごとに複数登録可能です。

※帳票を「一括作成」「都度作成」する場合どちらも、テンプレートフォームが複数設定されている場合は、帳票作成時に利用するフォームを都度確認します。

※フォームカテゴリと紐づいていないフォームは一覧に表示されません。

STEP4で送付方法を「印刷」にした場合は、これで設定は完了です。STEP8をご覧ください。

STEP6

STEP4で送付方法を「電子送付」にした場合、次に「受領側お客様用アカウント」を設定します。

電子送付を行うと、帳票のダウンロード用ページのURLが入ったメールを、得意先マスタに登録されたメールアドレスへ送信します。
帳票を受け取った得意先が帳票を確認するには、メール内のURLにアクセスし、ここで設定するIDとパスワードを使ってログインする必要があります。

登録したIDとパスワードは、登録後に「アカウント情報をお客様にメール送信」から、メール送信して別途連絡する必要があります。

<新規登録時>

ID・パスワード(2回)を入力し、設定を行ってください。

※登録したパスワードは、「アカウント情報をお客様にメール送信」をクリックすると表示されるメール本文内から確認できます

 

<変更時(登録後)>

ID変更 登録したIDの変更が行えます。
パスワード変更 登録したパスワードの変更が行えます。
アカウント削除 登録したアカウントを削除します。
※受領側はログインできなくなります。また、登録した内容が確認できなくなります
アカウント停止 登録したアカウントのログインを停止させます。一時的に受領側のログインをさせたくない時に利用できます。
※受領側はログインできなくなりますが、登録した内容の確認・再開は可能です
アカウント情報をお客様にメール送信 受領側にメールで登録したID・パスワードを送信します。

 

STEP7

STEP4で送付方法を「電子送付」にした場合、次に「メール 件名・本文」を設定します。

送付一覧」から帳票を電子送付する際に送信するメールは、こちらで設定した件名・本文で送信されます。

件名 メールの件名です。自由に変更が可能です。
本文 メールの本文です。自由に変更が可能です。
デフォルトで入っている「(会社名)」の部分には、自動で得意先の会社名が入ります。
利用したい場合は「(会社名)」部分は消さずに登録してください。
本文2(自動挿入部分) メールの本文のうち、システム側で自動で挿入する部分となります。内容の変更はできません。

 

STEP8

すべて設定できたら、[送付管理情報登録]タブの下にある[登録]ボタンをクリックして、登録完了です。

新規登録の場合 変更の場合

 

※送付方法が「電子送付」の場合、電子送付を行うにはSTEP6に記載されている「アカウント情報をお客様にメール送信」が必要です。電子送付を開始する前に、忘れずメールを送信してください。