送付物の取消と再作成

対象アカウント(※各アカウントの詳細はこちら
開発版

管理者ユーザ
権限

ユーザ版

管理者ユーザ
権限

スーパーユーザ
権限

通常ユーザ
権限

API連携
ライセンス

 

 

送付物として登録後、修正が必要となった場合などに送付物の「取消」を行うことで作成し直すことができます。
送付一覧」より取消を行った送付物は以下のように扱われ、再作成が行えます。

※「送付管理機能」について、全体の詳細は「送付管理機能の利用方法」ヘルプをご覧ください。

送付一覧から送付物の「取消」を行うと、「取消済み」の情報が付与されます。
画面上グレーで表示され、「取消済」の欄にチェックが入り、送付前だった場合でも送付が行えなくなります。

送付一覧で取消済みの送付物を選択すると、「取消済」の列に[再作成]ボタンが表示されます。
[再作成]ボタンから、同じ送付物ID管理で送付物の再作成が行えます。

「取消」や「再作成」を実行した担当者や日時は自動で記録されます。

送付物の再作成

[再作成]ボタンをクリックすると、ダイアログが表示されます。

①作成済みのPDFファイルを利用
②印刷データを差し込み
③フォームを起動し手入力(データなし)
④フォームを起動し手入力(前回データ利用)

上記4つの方法から再作成が行えます。

<作成済みのPDFファイルを利用>
都度作成」の[作成済みファイルを送付]ボタンと同じ方法で再作成を行います。
すでにお持ちのPDFファイルをアップロードし、送付物として登録します。
アップロードできるファイルの条件は以下です。
・ファイル形式:PDF
・ファイル容量:10MB以内
・(送付方法が郵送の場合)用紙サイズ:A4縦のみ、ページ数:最大200ページ
・(送付方法がFAX送信の場合)用紙サイズ:A4縦のみ、ページ数:最大250ページ

<印刷データを差し込み>
都度作成」の[印刷データを選択し差し込み]ボタンと同じ方法で再作成を行います。
印刷データを選択し、新しく送付物として登録します。
詳しい使い方は「「都度作成」のヘルプ」の『「印刷データを選択し差し込み」する場合』の項目をご覧ください。

<フォームを起動し手入力(データなし)>
都度作成」の[フォームを起動し手入力]ボタンと同じ方法で再作成を行います。
選択したフォームの編集画面を起動し、すべて手入力で送付物を登録します。
詳しい使い方は「「都度作成」のヘルプ」の『「フォームを起動し手入力」する場合』の項目をご覧ください。

<フォームを起動し手入力(前回データ利用)>
「一括作成」および「都度作成」のうち、[印刷データを選択し差し込み]または[フォームを起動して入力]ボタンから作成された送付物を取り消した場合にご利用いただけます。
一度LinkPrint CLOUDのフォームを利用して送付物を作成した場合、過去の編集データをもとに再作成が行えます。

※「都度作成」の[作成済みファイルを送付]ボタンから送付物を登録した場合はご利用いただけません
※当機能公開前(2022/9/6以前)にLinkPrint CLOUDのフォームを利用して登録した送付物についてもご利用いただけません

過去のバージョンの送付物の取り扱い

取消が行われた送付物から再作成を行うと、過去のバージョンの送付物がリスト上で確認できるようになります。
過去のバージョンの送付物を確認するには、送付IDの下に表示される[過去のバージョン]のリンクをクリックします。

過去のバージョン欄が展開され、一度取り消した送付物の情報が確認できるようになります。非表示にしたい場合は[折りたたむ]をクリックします。

過去のバージョンの送付物は、

・作成した送付ファイルのダウンロード(中身の確認)
・CSVファイルがある場合はCSVファイルのダウンロード

のみ行えます。

追加したPDFファイルの削除や送付ファイルが複数ある場合の並び替え、および送付や取消状態の解除はできません。