列・セルのプロパティ設定

対象アカウント(※各アカウントの詳細はこちら
開発版

管理者ユーザ
権限

ユーザ版

管理者ユーザ
権限

スーパーユーザ
権限

通常ユーザ
権限

API連携
ライセンス

 

 

表オブジェクトを作成した場合、帳票画面(設計モード)から、列またはセルオブジェクトの各種プロパティを設定します。
プロパティ設定を行う表が「明細行あり」の場合は「列」、「明細行なし」の場合は「セル」のプロパティ設定となります。

※「明細行あり」「明細行なし」の表については、「表オブジェクト」のヘルプをご確認ください。

STEP1

帳票画面(設計モード)から、プロパティを設定する列またはセルを含む表オブジェクトを選択し、画面右側に表示されるプロパティ欄から[列編集]ボタンまたは[セル編集]ボタンをクリックします。

「明細行あり」の場合(列編集) 「明細行なし」の場合(セル編集)

 

STEP2

設計モードになり、一番最初の列またはセルを自動的に選択します。設計モードでは、列またはセルのオブジェクトのみ選択可能です。
列またはセルのオブジェクト選択中、画面右側のプロパティ欄は列またはセル用のプロパティが表示されます。こちらから各種設定を行ってください。

※「明細行あり」の表の場合、プロパティは列単位での設定となり、セル単位で設定はできません

以下のプロパティを設定する際はご注意ください。

オブジェクト種類 以下の5種類からオブジェクト種類を設定することができます。
※種類を切り替えると、それまで設定していたプロパティはすべてクリアされますのでご注意ください
※フォームカテゴリ項目と紐づいている場合は変更できません
文字列 文章や数値、日付を設定できるオブジェクトです
画像 画像を挿入できるオブジェクトです
チェックボックス チェックボックスのオブジェクトです
バーコード バーコードのオブジェクトです
税率区分 「標準税率」「軽減税率」「非課税」といった税率の区分を設定できるオブジェクトです
※税率区分オブジェクトは1つの表に1列(セル)のみ設定が可能です

※設定できるプロパティはオブジェクト種類により異なります

STEP3

設計モードを終了するには、画面右側のプロパティ欄の一番上にある[編集完了]ボタンをクリックしてください。

※画像は「列編集」から設計モードを表示した場合です

文字(固定値)入力/画像挿入/値設定

列またはセルオブジェクトへの文字の入力/画像の挿入/値の設定は、帳票画面(入力モード)から行います。

帳票画面(入力モード)では、「明細行あり」の表でも、列単位ではなく、セル単位で各種値の入力等が可能です。

※「明細行あり」の表で、オブジェクト種類が「文字列」「税率区分」の場合、帳票画面(入力モード)からも一部プロパティの設定は行えますが、プロパティの設定は列単位となります。