表オブジェクト

対象アカウント(※各アカウントの詳細はこちら
開発版

管理者ユーザ
権限

ユーザ版

管理者ユーザ
権限

スーパーユーザ
権限

通常ユーザ
権限

API連携
ライセンス

 

 

表オブジェクトツールを利用して、2種類の表を作成することができます。

明細行あり(列単位)の表 納品書・請求書などの明細行のように、列単位で同じ情報を扱う表
明細行なし(セル単位)の表 セル単位で入力する情報が異なる表、一部のセルだけ結合・分割が必要な表

 

表オブジェクトは、以下の手順で作成します。

STEP1

帳票画面(設計モード)のツールバーにある[表]ボタンをクリックします。

STEP2

編集エリア上(用紙上)の表を配置したい範囲でドラッグして、表の配置位置・大きさを決定します。

STEP3

[表の作成]ダイアログが開きます。まずは、「明細行ありの表」「明細行なしの表」のどちらを作成するのか選択します。
選択したら、[次へ]をクリックしてください。

STEP4

作成する表の行数・列数を入力し、[次へ]をクリックしてください。

「明細行ありの表」を選択した場合のみ、青枠で囲った「見出し」に関するチェックボックスが表示されます。
見出し行が入った表を作成する場合は、[見出し行を別に作成する]にチェックを入れてから、[次へ]をクリックしてください。

STEP5

最後に、選択した内容の最終確認を行います。問題なければ、[作成]をクリックしてください。

STEP6

表が作成され、自動的に表レイアウト画面へ移動します。位置の変更や行・列幅の調整、罫線設定などはすべて表レイアウト画面から行います。表レイアウト画面の詳細はこちらをご確認ください。

表レイアウトの再編集を行うには

表レイアウト画面での編集完了後、再度表のレイアウトが必要になった場合は、配置した表オブジェクトを選択し、画面右に表示されるプロパティの[表レイアウト画面へ]ボタンをクリックしてください。

※画像は「明細行あり」の表を選択した場合のものです