一時停止印刷を行う-「LPC Direct 自動印刷」

対象アカウント(※各アカウントの詳細はこちら
開発版

管理者ユーザ
権限

ユーザ版

管理者ユーザ
権限

スーパーユーザ
権限

通常ユーザ
権限

API連携
ライセンス

 

 

LPC Direct 自動印刷」アプリから、LinkPrint CLOUDより出力したPDFの一時停止印刷を行う方法についてご説明します。

一時停止印刷の設定方法

LPC Direct フォーム設定」アプリのフォーム設定画面から、フォームごとに設定を行います。
一時停止印刷をする場合は、「印刷の際に」の「一旦止める」を指定してください。

一時停止印刷の設定方法

一時停止印刷手順

STEP1

LPC Direct 自動印刷」アプリが起動していることを確認します。
タスクトレイを選択し、「LPC Direct 自動印刷」アプリのアイコンが存在することを確認してください。

LPC Directのタスクトレイ上のアイコン

タスクトレイに「LPC Direct 自動印刷」アプリのアイコンが存在しない場合は、以下のどちらかをお試しください。
LPC Direct 自動印刷」アプリがタスクトレイへ表示されます。

①スタートメニューの「LPC Direct 自動印刷」をクリックします。

LPC Directのプログラムメニュー上のアイコン

②デスクトップ上の「LPC Direct 自動印刷」のショートカットをダブルクリックします。

LPC Direct 自動印刷のショートカットアイコン

STEP2

LinkPrint CLOUDにログインし、任意のフォームを印刷(PDF化)し、「LPC Direct フォーム設定」アプリで指定した監視先フォルダへダウンロードすると、印刷の一時停止ダイアログが表示されます。

既に一時停止ダイアログが起動している場合は既存の一時停止ダイアログをアクティブ状態として、ダイアログ左下にあるリストへ、印刷したPDFの情報を追加します。
一時停止ダイアログが複数起動することはありません。

<用紙の自動選択と自動登録>

一時停止ダイアログが起動した際に、フォームに対して「LPCDirect フォーム設定」で用紙サイズが設定されていない場合、PDFの用紙サイズと同様の用紙サイズを自動で選択状態とします(既定プリンタが該当の用紙サイズを使える場合のみ)。
PDFの用紙サイズがプリントサーバーに登録されていない場合、自動でプリントサーバーに用紙サイズ登録を行ってから選択状態とします。
※この機能はVer1.10以降のものです。

 

一時停止ダイアログでは印刷条件を変更し、印刷を行うことが可能です。
同時に複数のPDFが印刷待ちの場合、リストから印刷するPDFを選択できます。
「フォーム名」「日時」のカラムをクリックすると、それぞれの項目でソートすることが出来ます。

[キャンセル]ボタンをクリックした場合、リストから選択されているPDFを削除します。
[全てキャンセル]ボタンをクリックした場合、リストに表示されているPDFを全て削除して一時停止ダイアログを終了します。

LPCDirectの一時停止ダイアログ

STEP3

一時停止ダイアログでは、「LPC Direct フォーム設定」アプリのフォーム設定画面から設定した印刷条件が反映されています。
この設定の変更と合わせて、以下の項目も設定することができます。

※「LPC Direct フォーム設定」アプリのフォーム設定画面の印刷条件設定に関して、詳しくはこちら

印刷ページ範囲

「全てのページを印刷する」「指定ページを印刷する」の2種類から選択できます。

全てのページを印刷する … リストで選択しているPDFの全てのページを印刷します。

指定ページを印刷する … リストで選択しているPDFの印刷範囲をページ数で指定します。セレクトボックスより、開始ページと終了ページを指定してください。

STEP4

設定が変更された場合、印刷する前に以下のメッセージを表示します。

確認メッセージ

はい … 設定を保存して印刷を行います。

いいえ … 設定を保存せずに印刷を行います。

キャンセル … 印刷をキャンセルし、一時停止ダイアログに戻ります。

※保存される設定は、印刷ページ範囲を除きます。

一時停止印刷の終了

LPC Direct 自動印刷」アプリを終了する場合は、タスクトレイ上のアイコンを右クリックして[終了]をクリックしてください。

アプリケーションの終了イメージ