印刷履歴の確認・ダウンロード

対象アカウント(※各アカウントの詳細はこちら
開発版

管理者ユーザ
権限

ユーザ版

管理者ユーザ
権限

スーパーユーザ
権限

通常ユーザ
権限

API連携
ライセンス

 

 

印刷(PDF化)を行ったすべてのユーザの印刷データの情報を、印刷履歴として保管・閲覧できます。

STEP1

ヘッダーメニュー内「印刷履歴確認」をクリックします。

STEP2

(1)期間指定 印刷履歴を表示する期間を指定します。
(2)日時 印刷(PDF化)を行った日時を表示します。
(3)ユーザ名 印刷(PDF化)を行ったユーザ名を表示します。
Web API連携を行っている場合は、開発会社様側で管理しているユーザIDの値をご指定いただくと、こちらの欄にご指定いただいたユーザIDの値が表示されます。
詳細はこちらをご確認ください。
(4)フォーム名 印刷(PDF化)を行ったフォーム名を表示します。
(5)印刷データのダウンロード

印刷(PDF化)を行ったデータの内容を書き出し、CSVファイルとしてダウンロードします。
印刷を行ったフォームにより、「横並び」「縦並び」が選択出来る場合と、出来ない場合があります。

◎「縦並び」が選択できる条件
・印刷を行うフォームが、フォームカテゴリと紐づいている
・紐づいているフォームカテゴリが「明細あり」の設定になっている

◎「縦並び」が選択できる印刷履歴データの場合
本ボタンをクリックした際、形式の選択ダイアログを表示します。
ダウンロードする形式を選択し、選択ダイアログの「ダウンロード」ボタンをクリックすると、CSVファイルのダウンロードを開始します。

CSV出力選択ダイアログのイメージ

◎上記以外の印刷履歴データの場合
本ボタンをクリックすると、「横並び」CSVファイルのダウンロードを自動で開始します。
※フォーム名が「新規フォーム」の場合は必ずこちらになります。

※書き出し対象
文章(シングルライン/マルチライン)/数値/日付/画像/チェックボックス/バーコード/表/税率区分

(6)削除  印刷履歴の削除を行います。

※一度削除した履歴は元に戻せませんのでご注意ください。

ダウンロードできる印刷データについて

(5)のダウンロードボタンから書き出されるCSVファイルの仕様は以下の通りです。

  • 1行目の項目名は、対象データのオブジェクトがフォームカテゴリ項目の場合は「フォームカテゴリの項目名」を、それ以外のオブジェクトはプロパティの「オブジェクト名」に入力された値となります。
  • 「横並び」CSVファイルの場合:印刷したフォーム内に同じ項目名のオブジェクトが複数存在した場合、オブジェクトの数分、同じ項目名の列が作成されます。

    「縦並び」CSVファイルの場合:印刷したフォーム内に同じ項目名のオブジェクトが複数存在した場合、オブジェクトの数分、行が作成されます。差し込み印刷データとして利用する場合は、「縦並び」を選択してください。
    ※フォームの設計によっては、必ずしも元の印刷データと同じ差し込み印刷結果になるとは限りません。ご注意ください。

  • マルチラインオブジェクトの場合、改行は「@@@CRLF@@@」という文字列に変換して書き出します。