総合計の設定

対象アカウント(※各アカウントの詳細はこちら
開発版

管理者ユーザ
権限

ユーザ版

管理者ユーザ
権限

スーパーユーザ
権限

通常ユーザ
権限

API連携
ライセンス

 

 

帳票画面(設計モード)から、「総合計」の設定が行えます。

LinkPrint CLOUD上で「総合計」とは、1社あたりの伝票が複数枚になった場合に、複数枚の伝票の合計金額の表示設定を指します。

「総合計」の設定を行えるオブジェクトおよび条件は以下です。

  • フォームカテゴリのフッタ項目と対応付けられているオブジェクト
  • フォームカテゴリのデータ種別が「数値」のオブジェクト
  • ページ数が1

すべて満たしている場合のみ、帳票画面(設計モード)の右側のプロパティ欄から「総合計」の設定が行えます。

STEP1

帳票画面(設計モード)から、上記の条件を満たしたオブジェクトを選択し、画面右側のプロパティ欄から[総合計]タブを表示します。

STEP2

手入力時(入力モード)差し込み印刷時で設定が別になっています。対応したい場合の[総合計対象のスペースとする]にチェックを入れてください。

差し込み印刷時の[総合計対象のスペースとする]にチェックを入れると、[表示箇所]の設定が行えるようになります。
総合計を表示したい箇所を、[最初のページ(面)]または[最後のページ(面)]から選択してください。

※面付フォームの場合は、プロパティ設定後に面のコピーを全面に行ってください。

「総合計」の反映

<手入力時(入力モード)>
複数枚の伝票作成時、別途「総合計の表示設定」を行う必要があります。詳しくはこちらをご確認ください。

<差し込み印刷時>
プロパティ設定時に指定した[表示箇所]に、総合計が反映されます。指定した[表示箇所]以外のページでは、該当のオブジェクトの値はクリアされます。