総合計の設定

対象アカウント(※各アカウントの詳細はこちら
開発版

管理者ユーザ
権限

ユーザ版

管理者ユーザ
権限

スーパーユーザ
権限

通常ユーザ
権限

API連携
ライセンス

 

 

帳票画面(設計モード)から、「総合計」の設定が行えます。

LinkPrint CLOUD上で「総合計」とは、1社あたりの伝票が複数枚になった場合に、複数枚の伝票の合計金額の表示設定を指します。

「総合計」の設定を行えるオブジェクトおよび条件は以下です。

  • フォームカテゴリのフッタ項目と対応付けられているオブジェクト
  • フォームカテゴリのデータ種別が「数値」のオブジェクト
  • ページ数が1

すべて満たしている場合のみ、帳票画面(設計モード)の右側のプロパティ欄から「総合計」の設定が行えます。

STEP1

帳票画面(設計モード)から、上記の条件を満たしたオブジェクトを選択し、画面右側のプロパティ欄から[総合計]タブを表示します。

STEP2

手入力時(入力モード)差し込み印刷時で設定が別になっています。対応したい場合の[総合計対象のスペースとする]にチェックを入れてください。

差し込み印刷時の[総合計対象のスペースとする]にチェックを入れると、[表示箇所]の設定が行えるようになります。
総合計を表示したい箇所を、[最初のページ(面)]または[最後のページ(面)]から選択してください。

※面付フォームの場合は、プロパティ設定後に面のコピーを全面に行ってください。

「総合計」の反映

<手入力時(入力モード)>
複数枚の伝票作成時、別途「総合計の表示設定」を行う必要があります。詳しくはこちらをご確認ください。

<差し込み印刷時>
プロパティ設定時に指定した[表示箇所]に、総合計が反映されます。指定した[表示箇所]以外のページでは、該当のオブジェクトの値はクリアされます。

差し込み印刷時の総合計計算は以下の条件で実行されます。

[総合計スペースとしたフォームカテゴリ項目に計算式が設定されていて、印刷データには対象のフォームカテゴリ項目の情報が存在しない場合]

各ページの対象の総合計スペースの値を足し合い、指定されたページに結果を反映します。
例:
総合計スペースとしたフォームカテゴリ項目の項目名:「合計」 印刷データ:「合計」の列が存在しない
この場合に上記の結果になります。

[印刷データに総合計スペースとしたフォームカテゴリ項目の情報が存在する場合]

差し込み印刷処理の中で、印刷データ内の総合計対象列の値を改ページ毎ごとに確認し、すべてが同じ値の場合は、1ページ目の総合計対象スペースの値を総合計の結果とし、各ページ間の値を足し合うことはしない、という処理が基本になります。
例:

お客様コード(改ページキー) 数量(明細) 単価(明細) 金額(明細) 合計(フッタ)
A00001 10 100 1000 6000
A00001 10 100 1000 6000
A00001 10 100 1000 6000
A00001 10 100 1000 6000
A00001 10 100 1000 6000
A00001 10 100 1000 6000
A00002 10 200 2000 2000

上記の印刷データを差し込み印刷すると、明細が5行のフォームだった場合、A00001は2ページになります。1ページ目の「合計」スペースには「6000」が差し込まれます。2ページ目の「合計」スペースにも「6000」が差し込まれます。差し込みをした後に総合計の処理が走り、上記のように2ページにはなりますが、印刷データに総合計対象の情報が改ページ単位で同じ値(6000)が指定されているため、A00001のお客様に対しては総合計が「6000」であると判断し、指定されたページの総合計スペースには「6000」を表示します。(2ページ目の総合計スペースの値は空になります)
※改ページ単位で同じ値が指定されているか、という部分にご注意ください。

<総合計対象のフォームカテゴリ項目に計算式が設定されている場合>
上記の例の場合で、「合計」というフォームカテゴリ項目に計算式が設定されている場合は、計算処理が優先され、ページ間の値を足し合い、総合計の結果として使用します。
上記の例の場合は、1ページ目:6000、2ページ目:6000で、総合計としては12000となります。
※総合計対象のフォームカテゴリ項目に計算式が設定されていて、その計算式の中で使用されているフォームカテゴリ項目のどれかが計算式設定されていない場合はページ間の合計をしません。
例:

総合計対象のフォームカテゴリ項目の計算式:[今期合計金額]+[前期合計金額]
[今期合計金額]:計算式あり
[前期合計金額]:計算式なし

という場合、総合計対象のフォームカテゴリ項目には計算式が設定されてはいますが、その計算式の中に使われている[前期合計金額]が計算処理を行わない項目であるため、この場合はページ間の対象スペースの値を足し合うことはせず、1ページ目の値を総合計の値として使用します。